• ホーム
  • 性感染症は検査する事によって早期治療で治すことが大事になる

性感染症は検査する事によって早期治療で治すことが大事になる

薬を飲もうとしている男性

感染症は性感染症に限らず、自分が罹患するリスクだけを考えるのではなく、不特定多数の人に感染させないことも大切です。性感染症に罹患していると気付くのが遅くなれば、性交渉をした相手へ感染させてしまい、どんどん感染の範囲が広まってしまう可能性があります。予防するだけでなく、感染したらどのように対応したら良いかなどの正しい知識を身につけましょう。

多くの性感染症は、初期感染のうちに治療をスタートさせれば重症化する可能性が低くなると言われていますので、早期発見のためには、まず自分が性感染症に罹患しているかを知らなければなりません。例えば、性器にかゆみがあった場合、必ずしも何かの性病であるとは限りませんが、自己判断で下着かぶれなどと決めつけるのは避けてください。性感染症は簡単な検査を受ければ、多くの場合で発見できると言われています。

とは言え、性病の感染ルートを考えると医療施設に行くのは恥ずかしく感じる男性も多いでしょうから、どうしても抵抗がある場合は、全国の保健所などで設けられている電話相談窓口を利用すると良いです。ただし、保健所ではエイズ検査のみ匿名で検査可能ですが、クラミジアや淋病などは保健所ごとに検査ができる場合とできない場合があるので、事前確認が必要になります。

保健所でなくても、泌尿器科や皮膚科などがある病院のほか、性病やEDを診療範囲にする専門医などで検査が受けられ、近年では、女性患者に会わないような工夫がされている医療施設や、男性専門のクリニックなども多いです。すべてを自由診療で行う専門クリニックもあり、匿名で検査から治療まで行える場合もあります。通院する頻度が少なくて良く、メールでの相談を受け付けているなどのサービスが展開されていて、家族や会社に性感染症の検査や診察を受けたと知られたくない男性の利用が多いです。

性感染症を恥ずかしく思って、放置する期間が長くなればなるほど、治療薬の効果が落ちてしまいます。多くの性病に対して効果がある治療薬は世界中で販売され利用されていますが、早期に完治させたり症状を抑えたりしたいなら、感染してから早めのうちに治療薬を使用することが重要です。梅毒など昔は命を落とすことも多かった性病も、現在では早期発見と適切な投薬治療によって短期間で治る傾向にあります。パートナーが多くいる男性や性風俗を頻繁に利用している男性のほか、AVに出演している俳優などは、定期的に医療施設などで性病検査を受けるのも良いでしょう。

関連記事
ジスロマックの飲み方とは?間違った方法で飲むと耐性菌を作る原因に! 2020年05月27日

クラミジアの治療薬としてジスロマックを使用する場合は、錠剤タイプであれば250mgか500mgのものが処方されます。有効成分のアジスロマイシンを1000mg投与する必要があるため、250mgの錠剤なら4錠、500mgの錠剤であれば2錠服用してください。ドライシロップの場合は、アジスロマイシンが200...

強い殺菌作用を持つクラミジアに有効なレボクイン!その特徴を解説 2020年07月05日

抗生物質のレボクインは性器クラミジアに効果的な治療薬です。さまざまな感染症に使われているクラビットと呼ばれる抗生物質のジェネリック医薬品で、両方ともレボフロキサシンと呼ばれる有効成分が含まれています。ジスロマックなどのマクロライド系抗生物質がクラミジアの治療に使われるケースが多いですが、クラビットや...

クラミジアに効果があるアジーとは?服用方法や効果を紹介します 2020年06月16日

ジスロマックは先発薬として国内で流通している治療薬ですが、国内と海外を問わず、アジスロマイシンを有効成分にするジェネリック医薬品がリリースされ、クラミジアの治療に使われています。ジスロマックの海外製ジェネリック医薬品にアジーと呼ばれる抗生物質があり、一般的な治療では、ジスロマックと同様に1回の服用で...

クラミジアの治療薬であるジスロマックの利点は?持続性が高くおすすめ 2020年05月07日

ジスロマックは副鼻腔炎など一般的な感染症にも使われる抗生物質で、クラミジアにも効果がある治療薬です。さまざまな治療薬の中でもジスロマックは持続性が最も高いと言われ、1回の服用で1週間から10日間程度効果が持続します。継続して毎日服用を繰り返さなくても良いため、薬を飲み忘れる心配が少ないでしょう。有効...

クラミジアの症状は?分泌物や排尿時の痛みや頻尿などに注意! 2020年04月21日

クラミジアは性感染症で多い疾患のひとつですが、最も感染者が多いと言われている種類がクラミジア・トラコマティスと呼ばれるタイプで、男性患者の50%に自覚症状がありません。クラミジア・トラコマティスは環境変化に弱いのが特徴の微生物で、人体から排出されて空気に接触すると長期間生存することができないと言われ...