• ホーム
  • クラミジアの症状は?分泌物や排尿時の痛みや頻尿などに注意!

クラミジアの症状は?分泌物や排尿時の痛みや頻尿などに注意!

悩んでいる男性

クラミジアは性感染症で多い疾患のひとつですが、最も感染者が多いと言われている種類がクラミジア・トラコマティスと呼ばれるタイプで、男性患者の50%に自覚症状がありません。クラミジア・トラコマティスは環境変化に弱いのが特徴の微生物で、人体から排出されて空気に接触すると長期間生存することができないと言われています。

男性がクラミジアに感染すると、感染してから1週間から3週間程度は潜伏期となり目立った症状はありません。その後、透明や乳白色をした粘り気が少ない分泌物が尿道から出るほか、頻尿になる、排尿する時に痛みや尿道のむずがゆさを感じるなどの自覚症状が見られます。ただし、痛みやかゆみは軽度ですし、分泌物も量が少ないため、人によって気付かない可能性も高いので注意が必要です。分泌物が排尿時ではないタイミングで出た場合では、下着が汚れることで気が付く男性もいます。

症状があっても軽度だから放置しても良いと考えがちですが、クラミジアは自然治癒はしません。このため、症状が軽度のうちに治療を開始しなければ、いずれ病気は進行して、前立腺や精管に炎症を起こしたり、副睾丸に圧迫感や軽度の痛みを感じる精巣上体炎を引き起こしたりするケースもあります。精巣上体炎は男性不妊症につながるケースもある深刻な状態ですが、痛みのほかに発熱などが見られても症状が乏しく、病気が進行していることに気付かない場合も多いです。

また、クラミジアは性器のみに症状が現れる訳ではなく、オーラルセックスによって口腔内に感染が起きると、風邪に似た症状になり、咽頭の炎症や扁桃腺炎が慢性化する場合もあります。感染して分泌物の症状がある場合は、分泌物が指に付着した状態で目を擦ることでクラミジア結膜炎になるケースも多いです。クラミジア結膜炎では目やにが多くなり、眼瞼結膜にブツブツとした湿疹のようなものが現れて病気が進行すると、角膜炎になる可能性も高く、悪化すれば視力低下につながるでしょう。

男性のクラミジアは悪化しなければ気付かない場合も多く、知らない内に女性へ感染させてしまう可能性も高いです。女性パートナーが適切な治療を受けて治癒しても、男性パートナーが治療をしなければ、再び女性を感染させてしまうでしょう。再発の繰り返しを防ぐためにも、パートナーが一緒に検査と治療を行うのが大切です。男性の場合は尿検査や血液検査で罹患しているかが分かりますし、最短で1時間の即日検査を行うクリニックもあり、陽性だと分かればすぐに治療をスタートさせられるでしょう。

関連記事
ジスロマックの飲み方とは?間違った方法で飲むと耐性菌を作る原因に! 2020年05月27日

クラミジアの治療薬としてジスロマックを使用する場合は、錠剤タイプであれば250mgか500mgのものが処方されます。有効成分のアジスロマイシンを1000mg投与する必要があるため、250mgの錠剤なら4錠、500mgの錠剤であれば2錠服用してください。ドライシロップの場合は、アジスロマイシンが200...

強い殺菌作用を持つクラミジアに有効なレボクイン!その特徴を解説 2020年07月05日

抗生物質のレボクインは性器クラミジアに効果的な治療薬です。さまざまな感染症に使われているクラビットと呼ばれる抗生物質のジェネリック医薬品で、両方ともレボフロキサシンと呼ばれる有効成分が含まれています。ジスロマックなどのマクロライド系抗生物質がクラミジアの治療に使われるケースが多いですが、クラビットや...

クラミジアに効果があるアジーとは?服用方法や効果を紹介します 2020年06月16日

ジスロマックは先発薬として国内で流通している治療薬ですが、国内と海外を問わず、アジスロマイシンを有効成分にするジェネリック医薬品がリリースされ、クラミジアの治療に使われています。ジスロマックの海外製ジェネリック医薬品にアジーと呼ばれる抗生物質があり、一般的な治療では、ジスロマックと同様に1回の服用で...

クラミジアの治療薬であるジスロマックの利点は?持続性が高くおすすめ 2020年05月07日

ジスロマックは副鼻腔炎など一般的な感染症にも使われる抗生物質で、クラミジアにも効果がある治療薬です。さまざまな治療薬の中でもジスロマックは持続性が最も高いと言われ、1回の服用で1週間から10日間程度効果が持続します。継続して毎日服用を繰り返さなくても良いため、薬を飲み忘れる心配が少ないでしょう。有効...

性感染症は検査する事によって早期治療で治すことが大事になる 2020年04月10日

感染症は性感染症に限らず、自分が罹患するリスクだけを考えるのではなく、不特定多数の人に感染させないことも大切です。性感染症に罹患していると気付くのが遅くなれば、性交渉をした相手へ感染させてしまい、どんどん感染の範囲が広まってしまう可能性があります。予防するだけでなく、感染したらどのように対応したら良...