薬が乗っているお椀

性感染症は性行為によって感染する病気を指し、男女ともに罹患する可能性がある病気ですが、その症状は疾患の種類によって異なり、自覚症状がない場合も少なくはありません。主に、唾液や血液などの体液が粘膜に触れて感染しますが、稀に公衆トイレの便座やタオルを介して罹患するケースもあります。

男性に多いと言われる性感染症は、尿道炎などの症状が見られる淋病や、性器周辺にイボのようなできものが見られる尖圭コンジローマなどです。特に淋病は、先進国で減少傾向にあるとされる中で、日本での感染者数は増加していると言われているため、日本人男性は注意してください。淋病の原因となる淋菌は、温度が高すぎても低すぎても生存できないような弱い菌です。通常の環境で長く生存できないことから、性交渉を介さなければ、本来であれば罹患しないはずの疾患と言えるでしょう。

性行為の際にはコンドームを着用する、不特定多数の人と性行為をしないなどの対策で性感染症は罹患の可能性を低くすることができます。とは言え、コンドームが破れていたり、適切に使用できていなかったりすれば感染予防にはなりません。例えば、尖圭コンジローマでは、コンドームでカバーできない男性器の周辺部分に症状が出ている場合もあります。そのような場合は、コンドームを適切に着用してもパートナーに感染させてしまうでしょう。

また、セックスのみが感染ルートとなる訳ではなく、オーラルセックスによって咽頭部や唇などに感染する場合もあるほか、アナルセックスなどでも感染する可能性を否定できません。性風俗店などを利用する男性は、粘膜が触れ合わないように注意をしたり、サービスを受けた後は必ず全身を洗ったりする予防策をとるべきだと言えます。

特に、性器クラミジアやヘルペスは男女ともに感染者が多い性感染症です。現在パートナーがいない男性でも、風俗店に通う習慣がある場合や過去に恋人がいた場合は、クラミジアやヘルペスなどに感染している可能性はありますから、少しでも通常と違う症状を感じたら医師の診察を受けてください。性感染症は、男女ともに不妊症の原因となる可能性もあるので、いずれ子供が欲しいと考えている男性は、自分が感染してもパートナーに感染させても良い影響はありません。

また、性感染症は完全に治癒しない種類や、HIVウイルスや肝炎ウイルスなど、場合によっては重篤な症状につながる感染体も存在します。男性は感染の予防策をとりながら、罹患率が高い性感染症の症状を知っておくのが大切です。

記事一覧
ジスロマックの飲み方とは?間違った方法で飲むと耐性菌を作る原因に! 2020年05月27日

クラミジアの治療薬としてジスロマックを使用する場合は、錠剤タイプであれば250mgか500mgのものが処方されます。有効成分のアジスロマイシンを1000mg投与する必要があるため、250mgの錠剤なら4錠、500mgの錠剤であれば2錠服用してください。ドライシロップの場合は、アジスロマイシンが200...

強い殺菌作用を持つクラミジアに有効なレボクイン!その特徴を解説 2020年07月05日

抗生物質のレボクインは性器クラミジアに効果的な治療薬です。さまざまな感染症に使われているクラビットと呼ばれる抗生物質のジェネリック医薬品で、両方ともレボフロキサシンと呼ばれる有効成分が含まれています。ジスロマックなどのマクロライド系抗生物質がクラミジアの治療に使われるケースが多いですが、クラビットや...

クラミジアに効果があるアジーとは?服用方法や効果を紹介します 2020年06月16日

ジスロマックは先発薬として国内で流通している治療薬ですが、国内と海外を問わず、アジスロマイシンを有効成分にするジェネリック医薬品がリリースされ、クラミジアの治療に使われています。ジスロマックの海外製ジェネリック医薬品にアジーと呼ばれる抗生物質があり、一般的な治療では、ジスロマックと同様に1回の服用で...

クラミジアの治療薬であるジスロマックの利点は?持続性が高くおすすめ 2020年05月07日

ジスロマックは副鼻腔炎など一般的な感染症にも使われる抗生物質で、クラミジアにも効果がある治療薬です。さまざまな治療薬の中でもジスロマックは持続性が最も高いと言われ、1回の服用で1週間から10日間程度効果が持続します。継続して毎日服用を繰り返さなくても良いため、薬を飲み忘れる心配が少ないでしょう。有効...

クラミジアの症状は?分泌物や排尿時の痛みや頻尿などに注意! 2020年04月21日

クラミジアは性感染症で多い疾患のひとつですが、最も感染者が多いと言われている種類がクラミジア・トラコマティスと呼ばれるタイプで、男性患者の50%に自覚症状がありません。クラミジア・トラコマティスは環境変化に弱いのが特徴の微生物で、人体から排出されて空気に接触すると長期間生存することができないと言われ...

性感染症は検査する事によって早期治療で治すことが大事になる 2020年04月10日

感染症は性感染症に限らず、自分が罹患するリスクだけを考えるのではなく、不特定多数の人に感染させないことも大切です。性感染症に罹患していると気付くのが遅くなれば、性交渉をした相手へ感染させてしまい、どんどん感染の範囲が広まってしまう可能性があります。予防するだけでなく、感染したらどのように対応したら良...